お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

成熟期の家族計画について誤っているのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

成熟期の家族計画について誤っているのはどれか?

1.経口避妊薬は35歳以上の喫煙者には禁忌である。

2.子宮内避妊用具(IUD)は受精卵の着床を防ぐものである。

3.オギノ式による避妊は分娩後に最適である。

4.我が国で最もよく用いられている避妊方法はコンドームである。

―――以下解答―――

(解答) 3

<解説>

1.○ 35歳以上の喫煙者が経口避妊薬を服用した場合、虚血性心疾患の発生率が増加するため、禁忌とされている。

2.○ 子宮内避妊用具(IUD)は、子宮腔内に挿入し装着することで妊娠を阻止する。受精は行われるが着床を障害する。

3.× 分娩後は、授乳などにより性周期が安定しないため不適である。

4.○ 我が国で最もよく使われている避妊法はコンドームで、欧米ではIUD、ピルの使用率が高い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ