お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

気道閉塞の患者へ行うべき処置は?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

気道閉塞の患者へ行うべき処置は?

64歳の男性。

正月に餅をのどに詰まらせて緊急の気道閉塞を起こし救急車で来院した。 行うべき処置として優先度の低いのはどれか。

1.心電図モニター

2.気道の確保

3.人工呼吸

4.心臓マッサージ

―――以下解答―――

(解答) 1

<解説>

1.○ 心肺蘇生法が開始された後心電図モニターが開始される。心マッサージの効果や各種不整脈の発生や治療効果を知るためには不可欠である。

2.× 口腔内に異物や分泌物がないかを確認する。これらがあればすみやかに除去し、気道の確保を行う。

3.× 気道を確保して十分な換気改善が得られなければ人工呼吸を開始する。

4.× 患者に意識がなく、無呼吸で、大血管(頸動脈や大腿動脈)の拍動を触れなければ心停止を考えてただちに心臓マッサージを行う。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

急変対応についてさらに学びたい方は、

無料で読める医療手技マンガアプリ『ねじ子のヒミツ手技』♪ iphone/ipad版ダウンロード
Android版ダウンロード

ページトップへ