お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

妊娠をきっかけにネフローゼ症候群をきたした時の対応で適切なのは?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

妊娠をきっかけにネフローゼ症候群をきたした時の対応で適切なのは?

1.家族の面会は制限する。

2.蛋白摂取を制限する。

3.皮膚清拭はしない。

4.免疫抑制剤を使用する。

―――以下解答―――

(解答) 2

<解説>

1.× 易感染状態ではあるが、健康な家族であるならば精神的な安楽のために面会を制限する必要はない。

2.○ 急性増悪でネフローゼを来しているので、血中尿素窒素量を上昇させないように蛋白の摂取を制限する。

3.× 関節痛、筋肉痛や皮膚に紅斑などがみられるが、皮膚清拭を行い皮膚を清潔にすることで感染予防に努める。

4.× 免疫抑制剤は、ステロイド剤の減量が難しい時や重篤な副作用が出た時に使用される。しかし、妊娠中に免疫抑制剤を使用すると胎児の催奇形性があるため、免疫抑制剤を使用してはいけない。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ