【連載】看護師 国家試験対策・過去問

抑うつ状態の患者の特徴はどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

抑うつ状態の患者の特徴はどれか?

1.夕方に抑うつの症状が軽快する。

2.誇大妄想がみられる。

3.食欲減退、頭重感などの身体症状はみられない。

4.知能の低下がある。

―――以下解答―――

(解答) 1

<解説>

1.○ 朝から午前中にかけて抑うつ気分が強く、夕方には軽快するという日内変動がみられる。

2.× 微小妄想がみられる。具体的には、不治の病であると思い込んだりする心気妄想や、借金があって周囲に迷惑をかけ、申し訳ないと思いこむ貧困妄想などである。

3.× 体重減少、便秘、口渇、食欲低下、睡眠障害などの症状が認められることが多い。

4.× 知的能力は正常である。外界への反応が少ないために一見、認知症と混同されやすい点で注意が必要である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ