お気に入りに登録

【連載】高齢者の機能低下をアセスメント

【高齢者のせん妄】症状とアセスメント・ケアのポイント

解説 白取絹恵

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 認知症看護認定看護師

Obaasan kurumaisu

せん妄は一過性かつ急速に出現します。
患者さんの訴えと行動、身体症状の関連を捉えることが重要です。


目次

※「どうして起こるの?」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


せん妄はなぜ起こる?

どんな症状?

せん妄とは、意識、注意、認知、知覚の変化が一過性かつ急速に出現する状態のことをいいます。
その人のそれまでの機能レベルが突然低下する、いわゆる突然意識が混濁した状態といわれています。
米国精神医学会によるせん妄の診断基準では、下表のA~Dのすべてを満たさなければならないとされています。
せん妄の特徴的な症状というと、興奮、幻覚、つじつまの合わない言動、不眠など多彩な精神症状が前面に現れます。
私たち看護師はこれらの症状にとらわれすぎてしまい、対症療法に徹してしまいがちです。
しかし、今出現している症状は何が原因なのか、何がそうさせているのかを把握することが重要です。
せん妄を見極めるポイントとして、

  1. 記憶障害の有無
  2. 見当識障害の有無
  3. 短時間での症状の出現
  4. 一日のうちでの症状の変動

をチェックする必要があります。

せん妄に伴うのはこんな症状

  1. 意識・注意・認知・知覚が低下する
  2. つじつまが合わない言動
  3. 見当識障害

せん妄に伴う症状

どうして起こるの?

せん妄にはたくさんの要因がある

せん妄は、薬物の中毒、炎症、急性のストレス反応などが神経伝達物質を阻害し、さまざまな精神症状を呈するといわれていますが、まだ病態生理は明確にされていません。

>> 続きを読む
ページトップへ