お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

躁状態にある患者の日常生活で正しいのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

躁状態にある患者の日常生活で正しいのはどれか?

1.食欲は低下する。

2.睡眠障害はみられない。

3.自殺企図がみられる。

4.盗み食いや間食をする。

―――以下解答―――

(解答) 4

<解説>

1.× 食欲は亢進するが、食事は落ち着いて食べることができないことが問題になることが多い。看護者がそばに居て食事に注意が集中できるような雰囲気をつくることが重要である。

2.× 活動的になるため、早朝覚醒となることが多い。

3.× うつ病の初期、回復期では自殺企図が多いので注意が必要だが、躁状態ではほとんどみられない。

4.○ 食欲が亢進しているので盗み食いや間食が多くみられることがある。また、他の患者のおやつなどを欲しがる場合も多い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ