お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

更年期障害について正しいのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

更年期障害について正しいのはどれか?

1.更年期障害として現れるのは、顔面紅潮や発汗などの自律神経症状のみである。

2.不定愁訴は、数年で自然治癒するので観察は必要ない。

3.治療としては、内科的疾患、精神的疾患との鑑別の後、鎮静剤、ホルモン剤などが投与される。

4.精神疾患と異なり、精神療法は有効ではない。

―――以下解答―――

(解答) 3

<解説>

1.× 自律神経失調症状の他に、精神神経症状、心臓血管症状、内分泌症状がある。

2.× 不定愁訴にも留意して、言動の経過を観察する必要がある。

3.○ 治療として、内科的疾患、精神的疾患と鑑別し、鎮静剤、抗不安薬、ホルモン剤の投与を行う。

4.× 精神療法は、心因性因子の強いものには有効である。特に専業主婦の更年期障害に関しては心因性因子が強いため、熱中できる仕事、趣味が治療上有効な場合がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策