お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

会話の援助を必要とする高齢者の看護について適切でないのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

会話の援助を必要とする高齢者の看護について適切でないのはどれか?

1.聞き取りにくかったとしても、患者に配慮して聴こえたように振る舞う。

2.会話はゆっくりした速度で進める。

3.うなずくなどして、患者のコミュニケーションへの意欲を励ます。

4.周囲の騒音を減らし、静かでゆったりとした環境を整える必要がある。

―――以下解答―――

(解答) 1

<解説>

1.× 構音障害などにより聴き取りにくいところがある時は、患者に知らせる。それによって患者は会話の正確性を高めることがある。

2.○ 患者に対して忍耐をもち、ゆっくりとした会話を保つようにする。

3.○ うなずいたり、適当なフィードバックを与えたり、簡単な質問や指示をすることによって、患者のコミュニケーションへの意欲を励ます。

4.○ 聴力低下は会話の能力を著しく障害するので、周囲の騒音を減らし、静かでゆったりとした環境を整える必要がある

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ