お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

受精が行われるのはどこか?

協力 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

受精が行われるのはどこか?

1.卵 巣
2.卵 管
3.子 宮
4.膣

―――以下解答―――

(解答) 2

<解説>
1.× 卵巣は、卵細胞を蓄え、これを成熟させて月経周期の14日目頃に排卵が行われる。
2.○ 卵管膨大部において受精が行われる。受精した卵はすぐに卵割をはじめ、1週間で子宮に着床する。
3.× 排卵後に形成される黄体からのホルモンで、子宮内膜は分泌期に入り、受精した卵の受け入れを準備する。
4.× 膣内に射精された精子は、みずからの鞭毛運動により卵管部大部に到達する。精子の生存期間は24~48時間である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ