お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

小児の入院時の援助について誤っているのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

小児の入院時の援助について誤っているのはどれか?

1.病棟の日課や規則を母親に説明し、小児にも年齢に応じてわかりやすく説明する。

2.家庭における小児の日常の生活習慣やしつけについて詳しく聞いておく。

3.母親の面会は母子双方にとって重要であり、母親に乳児の世話をしてもらうことも必要である。

4.おもちゃは危険なので、なるべく持たせないようにする。

―――以下解答―――

(解答) 4

<解説>

1.○ 今までの生活から、入院という初めての世界へと環境が大きく変わるので、母子双方に不安を与えないように、納得できる説明が必要である。

2.○ 家庭におけるしつけや生活習慣を知ることで、より適切な援助ができるようになる。

3.○ 母親とのスキンシップは非常に大切で、母子双方の安心感につながる。

4.× 生活環境が急変してしまうのだから、普段から慣れ親しんだおもちゃなどを持たせることで、不安を軽減させる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ