お気に入りに登録

【連載】血液ガスの基礎知識とアセスメント

pHとPaCO2とHCO3-との関係

解説 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

Nagumo min

Gas0

pHは体の恒常性を判断するのに欠かせない指標です。pHはPaCO2とHCO3-によって調整されています。このPaCO2は換気により調節され、HOC3-は、腎臓により調節されます。今回からは密接にかかわっているpH、PaCO2、HCO3-をどう評価していけばよいのかを解説します。


【目次】

※「 PaCO2とHCO3-」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


pHって何?

血液ガスのデータを見る場合、まずPaO2とPaCO2に注目する人が多いようです。もちろん、生命を維持するためには酸素化(PaO2)が最も重要ですが、体の細胞の働きを保つために重要なpHのバランスも忘れてはいけません。

pHとは、水溶液中の水素イオン(H+)の濃度を示し、体内の血液の状態が酸性であるか、アルカリ性であるかを表しているものです。

人間の血液は、化学的な中性よりもわずかにアルカリ性の7.40が中性となる性質をもっています。pHが正常値を外れると、酵素の働きや代謝に異常を生じます。そのため調節機能があり、pHは常に7.35~7.45に保たれるというわけです。

このpH値に影響を与えるのが、PaCO2とHCO3-です。

体内では有酸素呼吸により1日に12000~15000mmol程度の酸が産生され、H+が放出されています。そして、そのH+はすぐに二酸化炭素に置き換えられて体内に存在します。それが、酸を中和する「緩衝」機能であり、主に重炭酸イオン(HCO3-)によって中和されているのです。

PaCO2とHCO3-

二酸化炭素は呼吸によって排出されるので、揮発性の酸といって、成人の1日当たりの排出量は15000~20000mEq/kg(体重)となっています。体の中に二酸化炭素が増えると、延髄の呼吸中枢を刺激して呼吸回数が増えます。こういったメカニズムによって二酸化炭素はコントロールされています。

>> 続きを読む
ページトップへ