お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

骨髄抑制が出現するのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

骨髄抑制が出現するのはどれか?

1.麻薬

2.利尿薬

3.抗癌薬

4.インスリン製剤

―――以下解答―――

(解答) 3

<解説>

1.× 副作用に呼吸抑制や便秘がある。

2.× サイアザイド系利尿薬の副作用には血糖上昇、高尿酸血症、高脂血症、低カリウム血症がある。

3.○ 抗癌薬の副作用には骨髄抑制のほかに、薬物の種類に応じて消化器症状、心筋障害、末梢神経障害などが出現する。

4.× インスリン製剤の副作用として低血糖発作がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ