お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

錐体が存在するのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

錐体が存在するのはどれか?

1.強 膜

2.角 膜

3.脈絡膜

4.網 膜

―――以下解答―――

(解答) 4

<解説>

1.× 眼球は線維膜・血管膜・網膜の3層より作られており、強膜は最外層を作る線維の密に集まる頑丈な層で、膠原線維と線維細胞で構成される。

2.× 角膜は眼球の前1/6を占める線維膜で、膠原線維が縦横に規則正しく並ぶところから透明になる。線維の配列が乱れ、血管や遊走細胞が侵入してくると混濁する。

3.× 脈絡膜は眼球の第2の層で血管の豊富な層である。集まった血液の色からブドウ膜ともよばれる。前方は毛様体から虹彩へと続く。

4.○ 網膜は神経由来の層で、深層には光の明暗を感じる杆体と色を感じる錐体が並ぶ。前端はジクザグに終わり、その形から鋸状縁とよばれる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ