【連載】不整脈のモニタリング

心電図(3点誘導、5点誘導)をみるためのキホン

解説 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

心臓に疾患がない人でも1日に何回かは出ているといわれる不整脈。不整脈は、特に治療の必要のないものから生命にかかわるものまで多岐にわたります。
そこで、この区別を知っておくことは、看護師にとって大変重要です。
今回は、心電図のモニタリングを通して、不整脈の危険なサインをみつける方法を解説します。

【関連記事】
12誘導心電図の正しい手順と貼付部位の探し方


心臓の仕組みと心電図

心臓は、全身に血液を送り出す働きをする臓器ですが、その動きは電気信号により制御されています。
心臓を動かす電気信号は、1)洞結節で発生、2)心房に伝わる、3)房室結節に集まる、4)ヒス束、右・左脚からプルキンエ線維を通る、5)心室に伝わる、の順で伝達されます。最後に6)心臓の興奮が冷める状態になり、常にリズムを崩さず1)~6)を繰り返しているのが、正常な状態です。
心電図は、体の表面に装着した電極でその電気信号を感知して、波形で表現しています。波形からは、心臓の電気的な活動を知ることができます。

心臓の仕組みと心電図説明図

心電図記録の種類

心電図には、大きく分けてモニタ心電図と12誘導心電図があります。
モニタ心電図は、胸部の3(または5)点から観察する方法です。心拍数や不整脈の把握に有効です。また、電極を付けたまま患者さんが動くことができるので、持続的に心電図の観察ができます。

心電図記録の種類(3点誘導・5点誘導)説明図

12誘導心電図は、12点から観察する方法です。心臓の様子を波形として詳細に観察できるため、心筋梗塞など、虚血性心疾患の把握、不整脈の起源の同定に有効です。モニタ心電図の情報から、より詳細な情報が必要というときに使用します。胸部のほか、四肢にも電極を装着するため、横になった状態での観察が必要です。そのため、安静状態が必須となり、長時間の観察には向きません。
心電図を観察していて、不整脈を疑うような波形がみられたら、少しさかのぼって、記録用紙に出力して確認する習慣を身につけましょう。

心電図の正しい装着の仕方

心電図は、本体と電極からなります。電極を貼る前に、皮膚の表面に汚れがないように、アルコール綿で拭いてから装着します。
モニタ心電図、12誘導心電図の電極を貼る位置はそれぞれ決まっているため、正しい位置に貼らないと、正確な波形が観察できません。また、電極の浮き上がりやはがれも、正確な波形が観察できない原因になるので、注意します。

心電図の正しい装着の仕方解説図

電極を貼ったら、正常に波形が取れているかをチェックします。
波形が全く取れていない場合は、波が小さくて表示できていないことがありますので、感度の倍率を調節してみましょう。また、ケーブルが外れていないか接続系統の確認も大切です。
波形が明らかに異常である場合は、電極が外れていたり、位置を貼り間違えている可能性があります。電極の位置を確認しましょう。不整脈を診断する検査方法はいくつかあります。ここでは、看護師が不整脈の疑いがあるかどうかを判断するための心電図の基本から、不整脈の心電図までを解説します。

(「ナース専科マガジン」2010年1月号より転載)

次回は心電図波形の判読ポイントについて解説します。
イラスト/横山テルミ

ページトップへ