お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

インフォームドコンセントに最も関係するのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

インフォームドコンセントに最も関係するのはどれか?

1.患者の自己決定権

2.医師の判断力

3.コンプライアンス

4.ノーマライゼーション

―――以下解答―――

(解答) 1

<解説>

1.○ 十分な説明を受け、理解した上で、同意または拒否の意思表示をする権利は患者側にある。

2.× インフォームドコンセントは、医師の判断だけではなく患者がそれについて理解、同意することを指す。

3.× コンプライアンスという語は、医療の分野では、医薬品の服用に関して使われることが多い。服薬を規則正しく守ることを「コンプライアンスが良好である」といい、医薬品の服用を規則正しく守らないことを「ノンコンプライアンス」という。ノンコンプライアンスの一番の原因は飲み忘れであり、特に外来の小児で多い。逆に入院患者ではその傾向が減少する。

4.× 障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方。また、それに向けた運動や施策なども含まれる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ