お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

腎不全について正しいのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

腎不全について正しいのはどれか?

1.腎前性腎不全は腎血流の増加によって起こる。

2.腎不全の食事療法は高蛋白、高カロリーとする。

3.慢性腎不全では初期から尿量が減少する。

4.尿毒症では肺浮腫、心不全などがみられる。

―――以下解答―――

(解答) 4

<解説>

1.× 急性腎不全の原因には腎前性、腎性、腎後性の3つがある。腎前性は脱水や心不全などにより腎血流量が減少することによる。進行すると急性尿細管壊死を引き起こす。

2.× 低蛋白、高カロリー食とする。その他、塩分・水分制限も状況に応じて必要である。

3.× 初期の糸球体濾過率が30%以上ある代償期には尿量は正常~増加する。糸球体濾過率が30%以下に低下したものを非代償期と呼び、尿量は減少してくる。透析などの治療を考慮しなければならない。10%以下に低下すると尿毒症となる。

4.○ 正しい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策