お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

食道静脈瘤の原因疾患として最も頻度の高いのはどれか?

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

食道静脈瘤の原因疾患として最も頻度の高いのはどれか?

1.食道がん

2.肝硬変

3.急性胃炎

4.急性膵炎

―――以下解答―――

(解答) 2

<解説>

1.×2.○3.×4.×

門脈圧亢進を来す疾患はすべて食道静脈瘤の原因となり得る。逆に食道・胃静脈瘤を認めれば門脈圧亢進症であるといえる。門脈圧亢進の原因は、肝前性(門脈血清、門脈圧迫など)、肝内性(肝硬変、肝腫瘍など)、肝後性(Budd-Chiari病など)に大別される。日本では肝硬変によるものが最も多く約70%を占めるといわれている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ