お気に入りに登録

【連載】看護師のための経腸栄養講座

第2回 経腸栄養剤の種類と分類

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

S fc164a50e0b978339f6eb155e1a601cf min

まとめ

  1. 経腸栄養剤は窒素源(蛋白質)の分解の程度で分類される。その他にも、栄養剤の剤型(粉末状、液状)、医薬品か食品扱いなどを基準とした分類もできる。栄養剤の種類では一般タイプ、高濃度
  2. 低濃度タイプ、病態別栄養剤、半固形化栄養剤などの項目も挙げられる。(病態別栄養剤、半固形化栄養剤に関しては、別回に解説する。)
  3. 経腸栄養剤は、天然食品を原料とした天然濃厚流動食と、天然食品を人工的に処理もしくは人工的に合成したものからなる人工濃厚流動食に分けられる。さらに人工濃厚流動食は、窒素源の違いにより消化が必要か否かが異なり、半消化態栄養剤(タンパク質)、消化態栄養剤(ペプチド)、成分栄養剤(アミノ酸)に分類される。
  4. 通常の栄養剤は1kcal/mlに調整されている。これより濃い高濃度タイプの栄養剤(1.5,2.0kcal/ml)は現在20種類以上市販されている。高濃度タイプは水分量を少なくして高カロリーの補給が可能であるため、水分制限のある病態用の栄養剤や経口摂取のサプルメント的に使用される。半固形化栄養剤の中には低濃度タイプ(0.75kcal/mlなど)が市販されている。これは栄養剤のみで水分補給が十分になるように工夫されている。

はじめに

一般的に、経腸栄養剤は窒素源の分解の程度で分類さますが、その他にも、栄養剤の剤型(粉末状、液状)、医薬品か食品扱いか、などを基準に分けることができます。栄養剤の種類としては一般タイプ、高濃度・低濃度タイプ、病態別栄養剤、半固形化栄養剤などが挙げられます。
今回はでは、まず一般的な分類に関して述べ、その他の剤型、医薬品、食品分類、高濃度・低濃度タイプの栄養剤について説明を加えます。
近年、疾患に応じて、その病態にふさわしい栄養素や成分を配合し、それぞれの病態に応じた経腸栄養剤が販売されています。このような病態別経腸栄養剤として、肝不全用、腎不全用、糖尿病用、慢性呼吸不全用、免疫能の増強をはかるImmuno-enhanced diet(IED)などが本邦で市販されています。
また、胃食道逆流を予防する目的で開発された半固形化栄養剤もありますが、この病態別および半固形化栄養剤は、別回に分けて解説します。

一般的な経腸栄養剤の分類

経腸栄養剤は天然食品を原料とした天然濃厚流動食と、天然食品を人工的に処理もしくは人工的に合成したものからなる人工濃厚流動食に分けられます(表1)1),2)。タンパク源、窒素源の違いで、例えば、乳タンパクや卵タンパクを使用した場合は、天然濃厚流動食となるが、乳タンパクをカゼインと乳清タンパクに分けて、これらを原料とした場合は、人工濃厚流動食となります。

窒素源による経腸栄養剤の分類

>> 続きを読む
ページトップへ