お気に入りに登録

喫煙者の骨折は治りが遅い

2dec6839aedf617db8b043981909a6f01

喫煙者は骨折の治癒に時間がかかることが、英リンカーン大学のAndrew Sloan氏らの研究で示唆され、欧州で開催された医学会学術集会で発表された。

Sloan氏らは、脚を骨折した喫煙者と非喫煙者50人の骨折部位から血液検体を採取し、骨の治癒を促す幹細胞を分析した。その結果、非喫煙者は喫煙者に比べて骨の治癒を促す細胞の質が良く、より活動的で分裂速度が速かった。

>> 続きを読む
ページトップへ