お気に入りに登録

【連載】急がば学べ! 呼吸のしくみ

第6回 SpO2低下時の症状とアセスメント

解説 宮川哲夫

昭和大学大学院 保健医療学研究科 呼吸ケア領域 教授

9e8ee232330f412f6096cd3c216c366d11

アセスメントの流れをチャートでマスターしよう

SpO2の低下に気づいたら、まず患者さんの様子を観察します(図)。

意識レベルが低下している、あるいは呼吸停止といった状態の場合は、緊急の対応が必要です。

すぐにBLSやACLSによる蘇生を行い、そうでないケースでも、直ちに挿管し、人工呼吸器管理となることが多いでしょう。

それ以外の場合には、患者さんが苦しそうにしているかどうかから見ていきます。

SpO2低下時のアセスメントの流れ説明図

(図)SpO2低下時のアセスメントの流れ

1 患者さんが苦しそうにしている場合

呼吸苦のある場合のアセスメントでは、まず酸素投与をしているかどうかを確認し、酸素を使っている場合にはその投与経路の確認から始めます。

>> 続きを読む