お気に入りに登録

【連載】すぐに使える移動・移乗テクニック

ベッドアップ時に起きた下方へのずれを引き上げる!

解説 熊谷祐子

現・自治医科大学看護学部 講師

22eb1f77e29ab8663dcc0010332aa86d212 min

援助をより効率的に、よりスムーズに行うための基礎理論として、基礎理論の2回目は「力の働く方向と大きさ」に関する原理を取り上げます。


まずは基本原理を押さえよう!

ここで紹介する技術をマスターすると、患者さんだけではなく看護師自身も余分な力を使わずに済み、ストレッチ体操を行った後のように身体が楽になります。力任せに行っている技術ではないことが証明されます。

その1 逆方向に掛かる力を利用する

椅子から立ち上がろうとするとき、私たちはテーブルに手を置いて力を入れ、身体を持ち上げようとします。これはテーブルを押す力を、押し戻す力として利用している動作です。

このように、物体に対して一定方向に力を加えると、逆方向にも必ず同じ大きさの力が働きます。このときの加えた力を「作用」、逆方向に生じる力を「反作用」といいます

作用・反作用の2つの力は、押せば押される、引けば引かれるというように、必ず対になっています。力の大きさは同じで、方向は正反対の同一直線上にあります。

例えば、水泳でターンをするときに壁をけって推進力を得たり、スケートリンクで手すりを引っ張ると同じ力で引っ張られたりするのも、作用・反作用の現象の一つです。

>> 続きを読む
ページトップへ