お気に入りに登録

【連載】NPPVのキホンとトラブル回避術

第8回 低換気(Low Min Vol.)のアラームが鳴ったら?

解説 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

NPPVでは、低酸素血症はもとより、そのメカニズムや構造上、エアリークや スキントラブル、粘膜の乾燥、腹部膨満など、特有のトラブルが存在します。

ここでは、トラブルの原因と対応のコツ、ケアのポイントを紹介します。


Q5 低換気(Low Min Vol.)というアラームが鳴った!

A5 まずは患者さんの状態をチェックしましょう

どんなアラームでも、まずは患者さんの状態をチェックします。

アラームがなる原因には、機器自体のトラブル、患者さんの状態が変化したことによるもの、アラームの設定が患者さんに合わなかった場合などがあります。

また、どんなときにアラームが鳴るのかは、機種によって全く異なるため、それぞれの機種に応じて、アラームの意味と原因、対処の仕方を理解しておくことが大切です。

例えば、主に急性期に用いるBiPAP Visionでは、バイタルサインの変化に応じて鳴るアラームが備えられています。

また、分時換気量の変化で鳴るもの、マスクが外れても伏せた状態では鳴らないものなど、いろいろな種類があります。

>> 続きを読む
ページトップへ