お気に入りに登録

【連載】『Formy』~健康・美容情報~

恋に落ちるとストレスホルモンが増える!? ~恋とホルモンの意外な関係~

協力 Formy

Heart thumbnail

カップルが海にいる写真

ピサ大学精神薬理学のドナテラ・マラジッティ教授は恋愛と人間のホルモンに関して研究しています。
教授の論文では、恋愛とホルモンの意外な関係が明らかにされています。

皆さんは恋愛でホルモンが増えると言えば、男性では男性ホルモンが増え、女性では女性ホルモンが増えると思いませんか?

ところが教授の実験で分かったことは、その考えは間違えで、2つのホルモンがカップルの体内で意外な変化しているということです。
今日はその驚きの2つの発見についてご紹介します。

恋愛のストレスで太る!?

肥満イメージ写真

そのホルモンとは、1つはステロイドホルモン(いわゆるストレスホルモン)です。
このホルモンはその名の通り、人間がストレスを感じる場面で増え、ストレスに耐えるための働きをします。

つまり恋に落ちたカップルは、普段よりストレスを感じやすくなるということです。
考えてみると付き合いたての頃は相手のメールに一喜一憂したり、意外とストレスは普段より多いのかも知れません。

一方で教授によると、このストレス反応を乗り越えて、カップルはより深い心理的結びつきを得るそうです。

ただ、このストレスホルモン、体内で増えると脂肪を蓄えるという働きもあります。いわゆる幸せ太りは実はこういうことなのでしょうか。
恋に落ちたときというのは楽しいものですが、ストレスを溜めたりそのせいで気付いたら体重が増えたりしないように気を付けたいですね。

恋愛で男女が入れ替わる!?

恋愛イメージ写真

さてもう1つ変化するホルモンですが、それは男性ホルモンです。
なんだやっぱり男性で男性ホルモンが増えるんだ、と思いましたか?

いいえ、違うんです。恋に落ちたカップルではなんと女性は男性ホルモンが増えるのです。
そして一方で男性では男性ホルモンが減ってしまうのです。

つまり恋に落ちることで女性は男性化し、男性は女性化するのです。

驚きましたか?
この変化の理由については、教授も未だ謎としています。

私が回りに聞いた感想では交際を開始することで男性は気を抜いてしまい、逆に女性の方が気を張ってしまう、ということかと考える人が多かったです。

皆さんはどう考えますか?

今日はマラジッティ教授による恋愛とホルモンの意外な関係についてご紹介しました。恋愛と人間のカラダの関係については、いま医学でも最も研究が盛んな分野です。

今後も面白い話題があれば、またご紹介していきたいと思います。

(Formy)