お気に入りに登録

【連載】CKD患者さんのケア

第2回 腎臓の構造と機能

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

腎臓にはどのような機能があり、どのような役割を果たしているのでしょうか。

ここでは、CKDを理解するのに欠かせない腎臓の解剖生理やメカニズム、CKDの経過とリスクなどの基礎知識を解説してもらいました。


腎臓の構造

腎臓はソラマメのような形をした左右1対の臓器で、それぞれ長さ約11cmほど、片方が約150g程度の握りこぶし大の大きさです。第12胸椎から第3腰椎に位置し、肝臓があるため、右腎は左腎よりも低くなっています。

へこんでいる部分が腎門と呼ばれる入り口となり、そこから腎動脈、腎静脈、尿管が出入りしています。

腎臓は、その構造により大きく糸球体と尿細管に分けられます。

糸球体は毛細血管が糸玉のようにもつれた構造をしており、血液の濾過を行います。

その周りをボウマン嚢という袋が取り巻き、濾過された尿を受け止めています。

尿細管は濾過された尿の通り道となります。糸球体と尿細管を合わせたものをネフロンといい、片方の腎臓で約100万個、両方で約200万個のネフロンが存在します(図)。

腎臓の構造とネフロン詳細図

(図)腎臓の構造とネフロン

続いては、「腎臓の主な働き」について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ