お気に入りに登録

【連載】NPPVのキホンとトラブル回避術

第9回 NPPV中に低酸素血症が起こったら?

解説 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

Nagumo min

Nppv1111

NPPVでは、低酸素血症はもとより、そのメカニズムや構造上、エアリークやスキントラブル、粘膜の乾燥、腹部膨満など、特有のトラブルが存在します。

ここでは、トラブルの原因と対応のコツ、ケアのポイントを紹介します。


Q7 NPPV中に低酸素血症が起こった!

A7 チューブの状態、マスクのフィッティングを確認しましょう

低酸素血症が起こる原因として、まず考えられるのが、チューブのどこかが折れている、曲がっている、抜ける、酸素アダプタの接続が緩んでいるなどのチューブトラブルです。

次に多いのが、マスクフィッティングに問題がある場合です。フィッティングの不良によってエアリークがあると、低換気となり低酸素血症を起こします。マスクのサイズや位置は適切か、ヘッドストラップは正しく装着されているかなどを確認し、できれば毎日、フィッティングを繰り返します。

経鼻胃管が挿入されている場合は、胃管がマスクを押し上げ、フィットしないことがあります。この場合は、皮膚保護剤などをチューブに巻き、チューブとマスクの隙間を埋めますが、完全に塞ぐのはなかなか難しく、限度があるため、通常はNPPVの不適応とみたほうがよいでしょう。

>> 続きを読む