【連載】検査値をケアに活かす!

【DIC】メカニズムと検査値編

解説 小野寺 由美子

埼玉協同病院 副看護部長

監修 村上 純子

埼玉協同病院 臨床検査部 部長

臨床の現場で検査値を活用していくためには、疾患のメカニズムとのかかわりを念頭に置きながら読み取っていくことが大切です。

臓器の働きや疾患がどのようにして起こるかを確認し、検査値の動きと読み取るためのポイントを解説します。


DIC(播種性血管内凝固症候群)のメカニズム

さまざまな基礎疾患、特にがんや重症感染症、重症熱傷、白血病などの重篤な疾患がもとで、血液の凝固能が亢進すると、本来血液が凝固するはずのない血管内に微小血栓ができて末梢血管が詰まり、複数の臓器に重篤な障害が起こります。

同時に、微小血栓が多数形成されるために、血小板や凝固因子が使われてしまうことから、これらが減少し出血傾向をきたします(消費性凝固障害)。さらにこの血栓を溶解しようと線溶(凝血を溶かす働き)が亢進するため出血傾向は助長され、全身性の出血や多臓器不全に至る──という病態がDIC(播種性血管内凝固症候群)です。

つまりDICは、過度の血液の凝固と出血という、両極端の現象が起こることになります。

具体的には、血栓による小血管の閉塞、組織の障害(壊死)、血液中の凝固因子や血小板の減少、線溶系の活性化などが同時に起こるというわけです。

そのため、DICになると、単に止血しにくいというだけにとどまらず、広汎な皮下出血(ウージング)のような異常出血が起こってしまうという事態になります。

ですから、検査値だけでなく、身体症状から早めに異常に気付くことが大切です。

じわじわ広がる皮下出血、点状出血、いったん止血した手術部位や注射部位からの再出血、消化管出血、口腔内の出血など、その徴候を示す症状がいくつかあるので、DICを生じる可能性がある基礎疾患を持つ患者さんに、このような症状がみられたら要注意です。

続いて、「“血液・凝固系疾患”で行う臨床検査」と「DICを示す検査値」について解説します。

“血液・凝固系疾患”で行う臨床検査

  1. 出血時間検査
  2. 血小板検査
  3. PT検査
  4. APTT検査
  5. FDP/ D-ダイマー検査

DICを示す検査値


UP

  1. 凝固因子活性(PT、APTT 延長)
  2. FDP
  3. D- ダイマー
  4. BUN
  5. Cr


DOWN

  1. FIB
  2. Plt


所見

  1. 破砕赤血球

判断のカギ MOF(多臓器不全)

DICでは末梢の細い血管が詰まるので、細い血管が集まっている肺や腎臓、肝臓などの臓器が、多発微小血栓によって虚血性の機能障害を起こしやすくなります。通常、DICはいったん発症すると適切な対応を直ちに取らない限り、加速的に進行するので、複数の臓器が次々と機能低下を起こし、MOF(多臓器不全)に至ることがあります。

特に腎機能は低下しやすく、MOFを発症すると、尿量は30mL/時間以下に減少し、BUNは25mg/dL以上に上昇、クレアチニンは1.3mg/dL以上に上昇します。

凝固因子は血栓形成によって消費されると同時に、肝臓が障害されると産生量も低下するので、PTとAPTTが延長、フィブリノゲンが減少します。さらにプラスミンが血栓を溶解するのでFDPやD-ダイマー値は高くなります。

FDPやD-ダイマーのように、正常では存在せず、DICに伴って出現する物質を分子マーカーと称します。分子マーカー測定すれば、症状がなくてもDICがある程度進行していることを検出することが可能です。ですからDICが悪化する前に、さまざまな検査値を組み合わせて、凝固・線溶の状態を観察する必要があります。

判断のカギ FDP/D-ダイマー

FDPとは、フィブリノゲン(一次線溶)とおよびフィブリン(二次線溶)が、プラスミンの作用による線維素溶解現象(線溶)で分解された物質です。

血管が障害されて出血すると、止血するためにフィブリノゲンからつくられたフィブリンが、損傷部分を覆う血栓をつくります。このフィブリノゲンとフィブリンが分解されると、それぞれの分解産物ができます。この両方の分解産物を集めたものがFDPです。

DICでは、血管内に多数の微小血栓ができるので、これらが線溶作用によって分解され、FDPが高値を示すようになります。

ただし、例えば妊婦や外科手術後のように、フィブリノゲンが増加する病態・症状でも、FDPは高値を示すので「FDP高値=DIC」ということはできません。そこで、DICの診断をより確実にするために、FDPの中のD-ダイマーを測定します。

D-ダイマーは凝固系の最終段階でできる頑丈なフィブリンの分解産物です。従って、D-ダイマーが高値だということは、血管内で血栓形成が起き、同時に溶解が起きていることを示しています。

次回は「脂質異常症のメカニズムと検査値」について解説します。

(『ナース専科マガジン』2012年8月号から転載)

ページトップへ