お気に入りに登録

【連載】宇田川 廣美の「ちょっと社会を見渡してみました」

健康づくりのための“快眠のススメ”

執筆 宇田川 廣美

フリーライター 

Bd girl sleep

睡眠障害によって生じる経済的損失は3.5兆円

春眠暁を覚えず……などと言いますが、この季節はうつらうつらしがちです。でも、その眠気が不眠症や睡眠時無呼吸症候群などによるものであっては大変。重大な事故につながりかねません。

2003年2月26日、JR山陽新幹線が緊急停止する事故が起こりました。なんと新幹線は、乗客を乗せたまま時速270㎞で26㎞走行したそうです。原因は運転士の居眠り。後に睡眠時無呼吸症候群(SAS)による居眠りであることがわかりました。

その後も、SASが関係しているとされる事故のニュースは後を絶ちません。なかでも群馬県の関越自動車道で起きた高速ツアーバスの事故は皆さんの記憶に新しいでしょう。

中等度以上のSAS患者の場合、交通事故を起こす頻度はSASでない人の7倍高くなるという報告があります。また、国民の21.4%が不眠症を抱え、睡眠時無呼吸症候群をはじめとした睡眠障害によって生じる経済的損失は3.5兆円になるとの試算が出ています。

こうした背景から国は、事故の防止と体と心の環境づくりを目指し、「健康づくりのための睡眠指針」を出しています。先月、その2014年度版の指針(※1)が発表されました。

>> 続きを読む
ページトップへ