お気に入りに登録

【連載】CKD患者さんのケア

第3回 CKDのリスクファクターと進行と経過

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

腎臓にはどのような機能があり、どのような役割を果たしているのでしょうか。

ここでは、CKDを理解するのに欠かせない腎臓の解剖生理やメカニズム、CKDの経過とリスクなどの基礎知識を解説します。


主な原因

CKDは総体的な概念であることから、そこには多様な原疾患が存在します。

しかし、何らかの原因により腎機能が障害または低下した状態であり、腎機能を表すGFRがその進行を示します。

GFRの低下には糸球体障害が大きくかかわっています。

腎疾患のうち約90%が糸球体の異常、残りの10%が尿細管機能の異常によるものとされています。

主なリスクファクター

糸球体障害を引き起こす要因としては、健常人であっても、加齢による腎機能の低下が大きな原因となります。

ただし、これには個人差があり、年齢などで明確に区別することはできません。

そのほかの大きなリスクファクターとしては、高血圧症や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や、これらの生活習慣病と肥満が合併したメタボリックシンドロームが挙げられます。

>> 続きを読む
ページトップへ