【連載】検査値をケアに活かす!

【脂質異常症】メカニズムと検査値編

解説 小野寺 由美子

埼玉協同病院 副看護部長

監修 村上 純子

埼玉協同病院 臨床検査部 部長

臨床の現場で検査値を活用していくためには、疾患のメカニズムとのかかわりを念頭に置きながら読み取っていくことが大切です。
臓器の働きや疾患がどのようにして起こるかを確認し、検査値の動きと読み取るためのポイントを解説します。


脂質異常症のメカニズム

コレステロールや中性脂肪といった脂質が、血液中に基準値を超えて存在している状態が脂質異常症です。

コレステロールは細胞壁やホルモン、胆汁酸などの材料となる大切な有機化合物ですが、これらは疎水性で血液に溶けないため、親水性のある蛋白質(アポ蛋白)とリン脂質に包まれ、リポ蛋白として血中に存在しています。

リポ蛋白には5つの種類があります。

このうち、肝臓で合成したコレステロールを末梢組織に運んでいるのがLDLです。

LDLは粒子がやや大きく、比重が小さいリポ蛋白です。

これに対し、HDLは粒子が比較的小さく、比重の大きいリポ蛋白で、末梢組織の余分なコレステロールを肝臓に逆転送する役割を担っています。

血中にLDLが増え、末梢組織に向かって運び込まれるコレステロールが多くなると、処理しきれないコレステロールが血管壁に溜まって次第に血管壁が厚くなっていき、血管が硬くなります。

さらに進むと、血栓ができたり、血管が狭窄・閉塞して、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞といった動脈硬化性疾患の危険因子となります。

脂質異常症に症状はほとんどなく、発見は検診や人間ドッグなどの検査をみるしかありません。

食事による摂取過剰や運動不足、肥満に加えて、遺伝的な要素も大きく、また、女性の場合では更年期以降、女性ホルモンの低下とともに徐々に異常高値を示します。

“脂質異常症”で行う臨床検査

  1. 血液生化学検査

脂質異常症を示す検査値

UP

  1. TC
  2. FDP
  3. LDL
  4. TG

DOWN

  1. HDL

所見

  1. 血管壁肥厚
  2. プラーク形成

次回は「高尿酸血症・痛風のメカニズムと検査値」について解説します。

(『ナース専科マガジン』2012年8月号から転載)

ページトップへ