お気に入りに登録

【連載】やさしく学ぶ 大腸がん経口抗がん剤の副作用マネジメント

第6回 「手足症候群」をマスターしよう(その2)

監修 金澤 旭宣

北野病院 消化器センター 外科部長

Ebfb2e90eacb1d5bf4d7f1b28298fad21

Nurse 030611

手足症候群は命にかかわる症状ではないものの、重症化すると日常生活に制限が生じたり、治療中止になる可能性があるため、患者さんは身体的にも精神的にもつらい思いをすることになります。手足症候群の重症化を防ぐためには、患者さん自身の手足症候群への理解とセルフケアのための情報提供が必要です。第6回では、患者さんへの指導に役立つ、手足症候群の予防のポイントをご紹介します。


手足症候群予防のポイントは「保湿」「刺激除去」「角質処理」

手足症候群の予防のポイントは「保湿」「刺激除去」「角質処理」の3つです(図1)。このうち、「保湿」と「刺激除去」は、患者さん自身による毎日のケアが重要になります。

手足症候群の予防法

図1 手足症候群の予防法

ページトップへ