お気に入りに登録

【連載】施設ナース・すみれのつれづれ日記

第3回 家族もいろいろ

執筆 はるのすみれ

看護師

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

2013 ns logo tate format rgb     03 min

F2df52e224ea380a30a8561aaddeb0a6

今回は入居者の家族についてお話します。


多くの家族は後ろめたさを感じている

 老人施設の入居のきっかけは、「ああ家に居るのしんどい。他人のお世話になりたい」と自ら施設に入居するケースはごく稀で「ああ一緒に居るのしんどい。面倒みるのは限界だ」と思った家族が入居を決める場合がほとんどだ。

家族は、施設に預けるとき「老人施設に居るっていうより、入院しているっていうほうが、体裁いいんですけど、病院にはもう居られなくてここに来ました」という家族もいる。

入居する理由を本人に説明することもできず、入居中は後ろめたさからなのか、足が遠のく。お正月に自宅に帰る人もほとんどいない。それなのに、本人が亡くなった後、「ちゃんと関われたのか」と思い悩む人も少なくない。