お気に入りに登録

【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

サクッとわかる! A/Cモード(アシストコントロール)の概要と3つの観察ポイント

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

Body hai1

人工呼吸器のモードは患者さんの呼吸状態に合わせて設定されます。

一般病棟でよくみられる換気モードには「A/C」「SIMV」「CPAP」があります。

今回は「A/C」の概要と観察ポイントについて解説します。


A/C(Assist Control 補助/調節換気モード)とは

自発呼吸の有無に合わせて、補助換気と調節換気を行います。

自発呼吸がなくても呼吸が保証されるので、確実な呼吸管理が必要なときや、急性期で治療を優先するために肺の仕事量を軽減したいときに使用されます。

一定時間内に自発呼吸があった場合

自発呼吸を検知して、患者さんの吸気に同調するように補助換気します。

一定時間内に自発呼吸がない場合

設定された時間間隔で調節換気します。

続いては、「A/Cモード使用時の観察ポイント」について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ