【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

サクッとわかる! A/Cモード(アシストコントロール)の概要と3つの観察ポイント

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

人工呼吸器のモードは患者さんの呼吸状態に合わせて設定されます。

一般病棟でよくみられる換気モードには「A/C」「SIMV」「CPAP」があります。

今回は「A/C」の概要と観察ポイントについて解説します。


A/C(Assist Control 補助/調節換気モード)とは

自発呼吸の有無に合わせて、補助換気と調節換気を行います。

自発呼吸がなくても呼吸が保証されるので、確実な呼吸管理が必要なときや、急性期で治療を優先するために肺の仕事量を軽減したいときに使用されます。

一定時間内に自発呼吸があった場合

自発呼吸を検知して、患者さんの吸気に同調するように補助換気します。

一定時間内に自発呼吸がない場合

設定された時間間隔で調節換気します。

続いては、「A/Cモード使用時の観察ポイント」について解説します。

3つの観察ポイント

ポイント1 一回換気量をチェック

ちゃんと換気が行われているか、一回換気量をチェックします。

もし一回換気量の低下がみられる場合、回路にリークがあるか、器械の故障の危険性があります。

ポイント2 過換気に注意

すべての換気に強制換気が入るため、自発呼吸が多くなってくると過換気になる危険性があります。

呼吸回数と分時換気量を(一分間の呼吸数×一回換気量)を確認しましょう。

ポイント3 自発呼吸との同調

ファイティングが起きていないかを確認します。

ファイティングがおきると、分時換気量が低下し、低分時換気量アラームがなることがあります。患者さんには苦痛症状が現れます。

用語解説

ファイティング・・・自発呼吸リズムと人工呼吸器の換気パターンが同調していない状態。

(『ナース専科マガジン2014年6月号』より改変利用)

ページトップへ