【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

人工呼吸器のCPAP(シーパップ)とは?概要と2つの観察ポイント

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

人工呼吸器のモードは患者さんの呼吸状態に合わせて設定されます。

一般病棟でよくみられる換気モードには「A/C」「SIMV」「CPAP」があります。

今回は「CPAP(シーパップ)」の概要と観察ポイントについて解説します。


CPAP (持続陽圧換気)とは

患者さんの自発呼吸にPEEPを付加したモードです。

自発呼吸のない患者さんには使用できません。

PEEPとは呼気終末陽圧のことで、自発呼気に圧をかけることによって虚脱しやすい気道と肺胞を、常に陽圧に保ちます。

PEEPをかけることで、患者さんの呼吸仕事量が軽減され、肺容積が増大し、酸素能の改善につながります。

CPAPでは多くの場合、PSを追加して患者さんの自発呼吸をサポートします。

自発呼吸ができている患者さんを対象に、ウィーニングの前段階として用いることの多いモードです。

2つの観察ポイント

ポイント1 無呼吸に注意

強制換気されないため、無呼吸に注意が必要です。

特に鎮静剤や鎮痛剤、睡眠導入剤を投与している患者さんは、無呼吸になりやすいため注意します。

必ず、無呼吸アラーム設定を確認するようにしましょう。

関連記事
* 無呼吸アラームの原因と対応
* 緊急度が高い3つのアラームの原因と対応

ポイント2 一回換気量をみる

CPAPの換気方法は圧規定なので、一回換気量が低下していないかをみていきます。

特に、ウィーニングに向けて、PSを徐々に下げていったときは、一回換気量を確保できているか確認します。

用語解説

PS(プレッシャーサポート)・・・人工呼吸器の補助機能。自発呼吸の時間内に設定した圧で吸気を補助する。自発呼吸があっても、換気量が不足しているときに付加される。

(『ナース専科マガジン2014年6月号』より改変利用)


関連記事
* 人工呼吸器の用語「PEEP」とは? 意味は?
* ウィーニングとは?方法や自発呼吸トライアル(SBT)など
* 【人工呼吸器】CPAPの特徴と設定項目

ページトップへ