お気に入りに登録

【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

人工呼吸器のCPAP(シーパップ)とは?概要と2つの観察ポイント

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

Body hai1

人工呼吸器のモードは患者さんの呼吸状態に合わせて設定されます。

一般病棟でよくみられる換気モードには「A/C」「SIMV」「CPAP」があります。

今回は「CPAP(シーパップ)」の概要と観察ポイントについて解説します。


CPAP (持続陽圧換気)とは

患者さんの自発呼吸にPEEPを付加したモードです。

自発呼吸のない患者さんには使用できません。

PEEPとは呼気終末陽圧のことで、自発呼気に圧をかけることによって虚脱しやすい気道と肺胞を、常に陽圧に保ちます。

PEEPをかけることで、患者さんの呼吸仕事量が軽減され、肺容積が増大し、酸素能の改善につながります。

CPAPでは多くの場合、PSを追加して患者さんの自発呼吸をサポートします。

自発呼吸ができている患者さんを対象に、ウィーニングの前段階として用いることの多いモードです。

>>次ページでは「CPAP使用時の観察ポイント」について解説します。