お気に入りに登録

【連載】基礎からまなぶ血液ガス

第3回 緩衝と代償のメカニズム

解説 飯野 靖彦(いいの やすひこ)

日本医科大学名誉教授

4ba7ae421b8365c053469a5aa768504c11

【目次】

※「代償とは」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


緩衝とは

血液pHの急激な変動を弱酸と弱塩基のペアで抑える

血液のpHは常に一定になるように、7.40±0.05ととても狭い範囲に調節されています。

これを「酸塩基平衡」と言います。

でも、どうしてpHの基準値は、こんなに狭い範囲なのでしょうか。
それは、血液の内部環境が中性から弱アルカリ性に保たれていないと、細胞が働けないからです。

通常pHは、強酸が加わればすぐに大幅に低下します。

例えば、pH7.0の溶液に、塩酸を滴下したとすると、pHは一気に5.0くらいまで下がってもおかしくないはずです。
ところが、人間は血液pHが7.20未満になると重症で死に至ることもあるので、そこまでの変動は起こりません。
細胞機能を守るために、体内にある弱酸や弱塩基が新たに加わった強酸(あるいは塩基)のpH変化を弱めて、元の状態を維持しようと働くからです。

これを「緩衝」と言います。
前述したように、Hが産生されてもHCO3-と結合してHが増加しないようにしています。このときのHCO3-の働きが緩衝作用**です。

H+を緩衝する血液中の物質とは

このように、血液pHの動きを和らげる働きをする物質のことを緩衝系と呼びます。

緩衝系には、

>> 続きを読む
ページトップへ