【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

【抜管後の看護ケア】欠かせない4つの観察ポイント

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

抜管による合併症には、上気道閉塞、低酸素血症、無気肺などがあります。抜管後にはこれらを念頭におきながら、合併症の早期発見・予防をはかり、再挿管を回避することが大切です。

今回は抜管後に欠かせない4つの観察ポイントを紹介します。


観察ポイント1 上気道閉塞

最も注意したいのが、上気道の閉塞です。

気管チューブによる物理的損傷によって喉頭浮腫が起こることがあります。

頸部の聴診で吸気時の狭窄音が聞かれます。

浮腫の発生時期には個人差があり、抜管直後から生じる人もいれば、数時間後に生じる人もいます。

また、浮腫予防のために、抜管前にステロイド剤が投与されることもあります。

観察ポイント2 気道内クリアランス

十分な咳嗽反射がないと気道内分泌物が貯留して、気道内クリアランスが低下することがあります。

気道内クリアランスとは、気道内の痰などの貯留物を排出する能力のことで、この能力が十分でない場合は、吸引や体位ドレナージなどでh排痰を促す援助を行います。

観察ポイント3 呼吸状態

人工呼吸器下では呼吸筋力が低下している人も少なくありません。

抜管後は気道抵抗が大きくなり、呼吸仕事量が増えるので、換気量の低下が見られます。

  1. 呼吸様式
  2. 呼吸回数
  3. SpO2
  4. 呼吸音
  5. 発汗の有無

などを観察します。

また、以下4つの状態が5分以上続く場合は、呼吸不全のサインです。

  1. 呼吸補助筋(特に胸鎖乳突筋)の使用
  2. シーソー呼吸
  3. 呼吸回数>30回/分
  4. SpO2<90%

観察ポイント4 循環状態

心機能が低下している場合、人工呼吸による陽圧換気から陰圧換気への変化が、病態に影響を及ぼすことがあります。

特に、抜管直後~30分間はベッドサイドで

  1. チアノーゼの有無
  2. 末梢の温度
  3. 心拍数
  4. 血圧
  5. 尿量

を注意深く観察します。

(『ナース専科マガジン2014年6月号』より改変利用)

ページトップへ