お気に入りに登録

【連載】ねじ子のヒミツ手技

血圧測定の方法|測定部位・手順・注意点【ねじ子】

執筆 森皆ねじ子

医師兼漫画家 *引用・参考文献『ねじ子のヒミツ手技 1st lesson』 『ねじ子のヒミツ手技 2nd lesson』

S              min

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

2013 ns logo tate format rgb     03 min

4ce9f63d0d0921e3536e4f0ce69a614121

バイタルサインとは「生命徴候」のことで、簡単に言えば、「その人が生きている証」です。
「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「意識レベル」の5つがバイタルサインの基本です。

今回は血圧の正しい測定法について解説します。

【関連記事】
* 血圧とは?血圧測定に関する注意点
* 脈拍測定に適した部位と手順


血圧計の全体像

1 体勢を整える

血圧測定における体勢の整え方

動いた直後に測定すると、血圧は高くなってしまうため、5分程度安静にしてから、坐位か仰臥位で測定します。

また、体勢によって血圧は変動するので、いつも同じ体勢で測定することが大切です。

2 測定部位を選択する

血圧測定における測定部位の選択方法

一般的には上腕部で測定します。

麻痺、乳がんリンパ節切除、点滴中で上腕部で測定できない場合は、大腿部か下腿部で測定します。

3~4 マンシェットを巻く

血圧測定におけるマンシェットの巻き方

マンシェット内のゴムの中央が上腕動脈の真上にくるようにして、指2本分入る強さでマンシェットを巻きます。

>> 続きを読む
ページトップへ