【連載】ねじ子のヒミツ手技

血圧測定の方法|測定部位・手順・注意点【ねじ子】

執筆 森皆ねじ子

医師兼漫画家 *引用・参考文献『ねじ子のヒミツ手技 1st lesson』 『ねじ子のヒミツ手技 2nd lesson』

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

バイタルサインとは「生命徴候」のことで、簡単に言えば、「その人が生きている証」です。
「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「意識レベル」の5つがバイタルサインの基本です。

今回は血圧の正しい測定法について解説します。


【関連記事】
* 血圧とは?血圧測定に関する注意点
* 脈拍測定に適した部位と手順

▼バイタルサインについて、まとめて読むならコチラ
バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について


血圧計の全体像

1 体勢を整える

血圧測定における体勢の整え方

動いた直後に測定すると、血圧は高くなってしまうため、5分程度安静にしてから、坐位か仰臥位で測定します。

また、体勢によって血圧は変動するので、いつも同じ体勢で測定することが大切です。

2 測定部位を選択する

血圧測定における測定部位の選択方法

一般的には上腕部で測定します。

麻痺、乳がんリンパ節切除、点滴中で上腕部で測定できない場合は、大腿部か下腿部で測定します。

3~4 マンシェットを巻く

血圧測定におけるマンシェットの巻き方

マンシェット内のゴムの中央が上腕動脈の真上にくるようにして、指2本分入る強さでマンシェットを巻きます。

5 聴診器をセッティングする

血圧測定における聴診器のセッティング

上腕動脈の拍動がふれる位置に、聴診器の膜側を当てます。

6 加圧する

血圧測定における加圧方法

「普段の血圧値+20mmHg」まで加圧します。加圧が足りないと、収縮期血圧(上の血圧)が正確に測れません。

7 測定する

A 収縮期血圧

収縮期血圧の測定方法

バブルを回して、3mmHg/秒くらいを目安に減圧します。

B 拡張期血圧

拡張期血圧の測定方法

【ワンポイント】知っておきたい! なぜコロトコフ音がきこえるのか?

血圧測定においてコロトコフ音が聞こえる理由

ページトップへ