お気に入りに登録

【連載】採血・注射・輸液の困難ケースを攻略!

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくなりそう!どうする?

解説 渡辺裕子

済生会横浜市東部病院 集中治療センター

解説 柏木奈々子

済生会横浜市東部病院 外来・化学療法センター、がん化学療法認定看護師

解説 寺島智子

済生会横浜市東部病院 泌尿器・婦人科・消化器センター、緩和ケア認定看護師

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。


【採血のまとめ記事】
* 採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等)

攻略法1 検査に必要な血液量を把握する

血液が不足しないように複数のスピッツに入れるためには、

  1. 検査項目と各スピッツの必要量を事前に把握すること
  2. 患者さんごとに必要な検査の優先順位を理解しておくこと

が大切です。

特に、抗凝固剤入りスピッツは、血液と抗凝固剤との比率が決まっているため、必要量のラインまで必ず血液を満たして適量を厳守しましょう。

また、必要量が決まっているスピッツを後回しにすると、血液が不足して検査できなくなることがあるので注意しましょう。

その他、主なスピッツの内容と必要量は下表の通りです。

■主な採血管の必要量(表)

主な採血管の必要量

■主な採血管の検査内容(表)

主な採血管の検査内容

表 主な採血管の検査内容

攻略法2 スピッツに入れる順番を覚えておく

針を刺入した直後の血液には、微量の組織液が含まれているので凝固の原因になります。そのため、真空管採血のときは、凝固しても影響の少ない生化学(血清)を最初に採血します。

シリンジを使って分注する際は、凝固する前にすばやく抗凝固剤と混和させる必要があるため、抗凝固剤入りスピッツから先に入れるようにします。

採血管の順番とキャップの色

真空管採血の場合

  1. 生化学(血清):茶
  2. 凝固(クエン酸Na入り):黒
  3. 血算(EDTA入り):紫
  4. 血糖(フッ化Na):灰
  5. その他の検査

シリンジ採血の場合

  1. 凝固(クエン酸Na入り):黒
  2. 血算(EDTA入り):紫
  3. 生化学(血清):茶
  4. その他の検査

※キャップの色や順番は施設によって異なる場合があります

『ナース専科マガジン2013年4月号』より改変利用

ページトップへ