お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメントのワザを極める

異常呼吸の種類と原因|チェーンストークス呼吸・クスマウル呼吸・ビオー呼吸など

解説 高島尚美

慈恵会医科大学医学部看護学科 大学院医学研究科看護学専攻 教授

多呼吸や過呼吸、チェーンストークス呼吸など、異常な呼吸状態のとき患者さんに何が起こっていると推測できるかを解説します。


異常な呼吸の種類とその原因

1 無呼吸

呼吸が一時的に10秒以上停止した状態で、睡眠時無呼吸症候群でみられます。

2 少呼吸

呼吸回数・深さともに減少した状態で、死亡直前・麻痺でみられます。

3 多呼吸

呼吸回数・深さともに増加した状態で、過換気症候群・肺梗塞でみられます。

4 徐呼吸

深さに変化はなく、呼吸回数が1分間に12回以下に減少した状態で、尿毒症・頭蓋内圧亢進・糖尿病性昏睡・麻酔時・睡眠薬投与時にみられます。

5 過呼吸

呼吸回数に変化はなく、深さが増加した状態で、過換気症候群・代謝性アシドーシスでみられます。

異常な呼吸リズムの種類とその原因

1 チェーンストークス呼吸

無呼吸期を伴う周期性呼吸で、15~20秒の無呼吸→深く早い呼吸→浅くゆっくりした呼吸が繰り返されます。

重症心不全・脳疾患・薬物中毒でみられます。

チェーンストークス呼吸

2 ビオー呼吸

浅くて早い呼吸と無呼吸(10~60秒)が交互に出現します。頭蓋内圧亢進でみられます。

ビオー呼吸

>> 続きを読む
ページトップへ