お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメントのワザを極める

視診・聴診・触診から循環状態をアセスメントする!

解説 高島尚美

慈恵会医科大学医学部看護学科 大学院医学研究科看護学専攻 教授

視診・触診・聴診の3つの視点から循環器をアセスメントする方法を解説します。


視診でチェックすること

1 顔面の状態

チアノーゼ、顔面蒼白の有無を観察します。

チアノーゼの病態と観察部位

チアノーゼの病態と観察部位

チアノーゼの原因一覧

チアノーゼの原因

2 手の色調の変化(アレンテストを実施する)

アレンテストとは、手の色調変化の観察によって末梢循環状態を確認できるテストです。

>> 続きを読む
ページトップへ