お気に入りに登録

【連載】基礎からまなぶ血液ガス

第5回 5つのステップで血液ガスを読んでみよう

解説 飯野 靖彦(いいの やすひこ)

日本医科大学名誉教授

4ba7ae421b8365c053469a5aa768504c1111

血液ガス異常の基本形を理解したところで、血液ガスの読み方をイメージしてみましょう。

血液ガス異常は、混合性酸塩基平衡障害など複雑な病態を示すことも多いので、ここで紹介するように、一歩一歩系統的にアプローチしていくと理解しやすくなります。


[関連記事】
* 【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について
* アシデミアとアルカレミアって何?
* アシドーシス・アルカローシスとは|症状、原因、phの評価

ステップ1 アシデミアかアルカレミアかを判断する!

血液pHの基準値は7.40±0.05で、これを超える場合は

  1. アシデミア(酸性に傾いている状態) pH
  2. アルカレミア(アルカリ性に傾いている状態) pH>7.45 

と判断します。

ステップ2 pH変化の原因が、HCO3かPaCO2かを検討する!

血液ガス異常の4つの基本形(呼吸性アシドーシス・呼吸性アルカローシス・代謝性アシドーシス・代謝性アルカローシス)に当てはめて、血液pHが変化した主要因を考えます。

例えば、

  1. pH 7.32
  2. PaCO2 40Torr
  3. HCO3 14mEq/L

の場合、PaCO2は正常で、HCO3(基準値 24mEq/L)は大きく減少しているため、代謝性アシドーシスと判断できます。

ステップ3 アニオンギャップを計算する

アニオンギャップとは

血液中には、陰イオン(アニオン)と陽イオン(カチオン)があります。

>> 続きを読む
ページトップへ