お気に入りに登録

【連載】がんのリハビリテーション

第4回 リハビリ意欲がない患者さんへの接し方(Q&A)

解説 番匠 千佳子

聖隷浜松病院 がんのリハビリテーションチーム 看護部次長 がん看護専門看護師

解説 上村 源

聖隷浜松病院 リハビリテーション部 作業療法室 係長

解説 大野 綾

聖隷浜松病院 リハビリテーション科 主任医長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

Q1 リハビリに意欲のない患者さんにはどのように介入しているのですか?

A1 親身に向き合い、患者さんの望みを一緒に見つけるよう努めています。

その患者さんが意欲をもてない理由とは何でしょうか。リハビリに痛みが伴う、家族との関係性などに悩みがある、終末期でできることがどんどん失われていくなど、理由は患者さんによってさまざまです。すぐに解決できる原因ならばまずはその解消に努めますが、どうしても意欲的になれない、難しいと感じる患者さんもいるでしょう。

「○○がしたい」などの希望が見つかればそれが突破口となるのですが、「特にない」という方もいます。でも、誰にでも好きなことや得意だったことはあるはずです。できないことに悩むより視点を変えて、本人も自覚していない「好きなこと」を一緒に見つけられるようにアンテナを張ることが大切です。

>> 続きを読む
ページトップへ