お気に入りに登録

【連載】疾患別 検査値の看護への活かし方

【DIC】検査値の看護への活かし方

解説 山田俊幸

自治医科大学臨床検査医学 自治医科大学附属病院 臨床検査部 教授

解説 谷島雅子

自治医科大学附属病院 救命救急センター 救急看護認定看護師

A12

検査値が何を示しているのか、また検査データを踏まえてどのような看護を行えばいいのか、実際のデータをもとに読み解いてみましょう。今回は、「DIC(播種性血管内凝固症候群)」です。


事例

6カ月前から出てきた紫斑が急激に広がったために来院した患者さん(女性80歳)で、主訴・症状は以下のとおりでした。

息切れ(2カ月前から)

紫斑(手足/6カ月前から)

検査データ[入院時]

赤沈

  1. 赤沈(mm/時):3

血液一般検査

  1. RBC(万/μl):289
  2. Hb(g/dl):9.6
  3. Ht(%):28.5
  4. WBC(/μl):7000
  5. 好中球(%):70
  6. 単球(%):8
  7. リンパ球(%):22
  8. Plt(万/μl):6.4

凝固検査

  1. APTT(秒):57.0
  2. APTT 対照(秒):35.0
  3. PT(秒):14.2
  4. PT 対照(秒):12.0
  5. FIB(mg/dl):53
  6. FDP(μg/ml):80
  7. D-ダイマー(μg/ml):50

検査値の読み方のポイント

6カ月前から出てきた紫斑が急激に広がったために来院した患者さんです。

血液検査では、Plt(血小板数)が6.4万/μlとかなり低値です。そのため出血傾向となり、皮下出血(紫斑)が出現したと考えられます。血液凝固検査では、PT(プロトロンビン時間)が14.2秒、APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)が57秒と、基準値よりも延長が認められます。

一般にPTの基準値は10~12秒、APTTは30~40秒で、対照値よりもPTで2秒以上、APTTで10秒以上長ければ異常とされます。いずれも抗凝固薬の効果の鑑別にも用いられ、PTはワーファリンで、APTTはヘパリンで使用されます。

そのほか、凝固因子であるFIB(フィブリノゲン)とその分解産物であるFDP、D-ダイマーの値もみます。FIBは53mg/dlと低値で、FDPが80μg/mlと上昇、D-ダイマーは50μg/mlと高値を示しています。

FDPは、止血するために働いたFIBによってできた過剰な血栓が溶かされるとき(繊維素溶解現象/線溶)に作られます。D-ダイマーは、さらにその一部として発生するフィブリン分解物です。両者とも異常値なので、血栓形成と線溶が亢進していることがわかります。

ここでは、赤沈(赤血球沈降速度)にも注目します。赤沈は、FIBの増加とRBCの減少で亢進します。FIBは凝固因子であるとともに、炎症で増加する性質があります。そのため、炎症でFIBが増加すると、赤沈は亢進します。つまり、赤沈は炎症で亢進することになります。

この患者さんは貧血でRBCが減少しているので、赤沈が亢進してもよいのですが、3mm/時と遅延していました。これはFIBが減少していることを強く疑わせます

診断のポイント

PTの延長、Pltの減少、FIBの減少(赤沈遅延から間接的に疑われる)、FDPの上昇という4つの結果から、DIC(播種性血管内凝固症候群)であると診断されます。これらの4項目は、DIC基準として診断の指標となっているものです。

DICの診断スコア(厚生労働省基準)

DICの診断スコア(厚生労働省基準)

DICの診断スコア(厚生労働省基準)

DICの診断スコア(厚生労働省基準)

診断・経過観察時に必要なその他の検査

DICの原因疾患の鑑別のため、血管造影検査を行いました。その結果、血栓性静脈炎が発見され、それが慢性のDICを引き起こしているという珍しいケースであることがわかりました。

>>次ページは、「看護のポイント」です。

ページトップへ