お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)患者の自己決定に最も関与するのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

(必修)患者の自己決定に最も関与するのはどれか。

1.父権主義

2.医師の裁量権

3.コンプライアンス

4.インフォームド・コンセント

―――以下解答―――








(解答)4 

<解説>

1.(×)父権主義(パターナリズム)とは、医療においては患者の最善の利益のために医師または患者以外の人が患者に代わって意思決定を行うことをさす。

2.(×)医師の裁量権とは、医師が自分の考え方によって患者の治療方針などを選択する権利をいう。

3.(×)コンプライアンスとは、医療において医師の指示に従うことをさす。

4.(○)インフォームド・コンセントとは、患者が自分の病気や治療方針などについて十分な説明を受けた上で納得して同意することをさし、患者の自己決定に深く関与している。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ