お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)血液凝固に関連するのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

(必修)血液凝固に関連するのはどれか。

1.ヘモグロビン

2.フィブリノゲン

3.マクロファージ

4.エリスロポエチン

―――以下解答―――








(解答) 2

<解説>

1.(×)ヘモグロビンは血色素とも呼ばれる、赤血球中にある鉄を核とする蛋白質で、酸素の運搬に関与する。

2.(○)フィブリノゲンは、トロンビンの作用でフィブリンというネット状の物質に変化し、血小板でできた血栓を補強する役割を担う。

3.(×)マクロファージは混入した異物を貪食する作用がある。

4.(×)エリスロポエチンは低酸素血症時に腎の傍糸球体細胞で産生され、赤血球の造血を促進する働きがある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策