【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)徐脈性不整脈で起こりやすいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

(必修)徐脈性不整脈で起こりやすいのはどれか。

1.失明

2.失神

3.失語

4.失認

―――以下解答―――








(解答) 2

<解説>

1.(×)失明は、網膜剥離、緑内障などで生じる。

2.(○)徐脈性不整脈では、脳への血液供給が不足し、めまいや失神などが生じる。

3.(×)失語は脳の言語中枢(ブローカ中枢・ウェルニッケ中枢)の障害で生じる。

4.(×)失認とは、物を見たり、音を聞いたりすることはできるが、それが何であるかが分からなくなってしまうことをさし、脳の損傷などで生じる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ