お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)「障害の程度や特質にかかわらず、同年齢の市民と同等の基本的権利を有すること」を示すものであり、「障害者や高齢者を特別視せず、可能な限り通常の市民生活を送ることができるようにする」という考え方はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

(必修)「障害の程度や特質にかかわらず、同年齢の市民と同等の基本的権利を有すること」を示すものであり、「障害者や高齢者を特別視せず、可能な限り通常の市民生活を送ることができるようにする」という考え方はどれか。

1.アドボカシー

2.パターナリズム

3.ヘルスプロモーション

4.ノーマライゼーション

―――以下解答―――








(解答)4  

<解説>

1.(×)アドボカシーとは、自分の権利を十分に行使することのできない障害者や終末期患者、高齢者の権利を代弁・擁護することである。

2.(×)パターナリズムとは強い立場にある者が弱い立場にある者に対して弱い者の利益になるとして一方的に行動に介入・干渉することである。

3.(×)心身両面にわたる総合的な健康づくりをさす。

4.(○)

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ