お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)体温測定部位で外部環境に最も影響されにくいのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

(必修)体温測定部位で外部環境に最も影響されにくいのはどれか。

1.直腸

2.口腔

3.腋窩

4.頸部皮膚

―――以下解答―――

(解答)1 

<解説>

体温には、環境温度の影響を受けない「核心温度」と、環境温度によって変化する体表近くの「外殻温度」がある。ヒトでは核心温度の指標として、直腸温・口腔温・腋窩温・鼓膜温が測定される。このうち直腸温が真の体温に最も近い。よって直腸は外部環境に影響されにくい。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ