お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)我が国の平成24年(2012年)の児童の疾病・異常被患率で最も多いのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

(必修)我が国の平成24年(2012年)の児童の疾病・異常被患率で最も多いのはどれか。

1.う歯

2.肥満傾向

3.心電図異常

4.裸眼視力1.0未満

―――以下解答―――

(解答)1 

<解説>

1.(○)平成24年度学校保健統計調査によると、児童のう歯の割合は55.8%であり,疾病・異常被患率の1位であった。

2.(×)児童の肥満傾向の割合は2.28%であった。

3.(×)心電図検査は小学校の入学時に行われる。異常の割合は2.3%であった。

4.(×)児童の「裸眼視力1.0未満」は30.76%であり,疾病・異常被患率の第2位である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ