お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)血液中のヘモグロビンに対する酸素化ヘモグロビンの割合を表すのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

(必修)血液中のヘモグロビンに対する酸素化ヘモグロビンの割合を表すのはどれか。

1.酸素飽和度

2.動脈血酸素分圧

3.ヘマトクリット値

4.ヘモグロビン濃度

―――以下解答―――

(解答)1 

<解説>

1.(○)酸素飽和度(SpO2)とは、ヘモグロビンに酸素が結合している割合を示している。

2.(×)動脈血酸素分圧(PaO2)は動脈血中に溶解している酸素の量を示したものである。

3.(×)ヘマトクリット値(Ht)は全血液に占める細胞成分(ほとんどが赤血球)の割合を示したものである。

4.(×)ヘモグロビンは鉄を核とする蛋白質で、赤血球内に存在し、酸素を運搬にあずかっている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策