お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

(必修)空腹時の腹痛を特徴とする疾患はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

(必修)空腹時の腹痛を特徴とする疾患はどれか。

1.虫垂炎

2.胆石症

3.イレウス

4.十二指腸潰瘍

―――以下解答―――

(解答)4 

<解説>

1.(×)虫垂炎では食事摂取により腸蠕動が亢進し、腹痛が増強する。

2.(×)胆石症では食物中の脂肪に対して胆汁が排出されたときに腹痛が増強する。

3.(×)イレウスでは腸管内に食物残渣が貯留しており、食事によってさらに残渣が増すため食後に嘔吐や腹痛が増強する。

4.(○)十二指腸潰瘍の主訴として、空腹時の心窩部痛が最も多い。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策